首頁 宜特、FSM化メッキサービスを今月開始、シームレスなBGBMウェハー薄化プロセス

宜特、FSM化メッキサービスを今月開始、シームレスなBGBMウェハー薄化プロセス

首頁 宜特、FSM化メッキサービスを今月開始、シームレスなBGBMウェハー薄化プロセス

宜特、FSM化メッキサービスを今月開始、シームレスなBGBMウェハー薄化プロセス

by yuting

Issued Date: 2018/09/20
Issued By: iST

 

電源管理コンポーネントであるMOSFETは、自動車のAI化などに伴って供給不足の状況が続いています。サプライチェーンにおける、この供給不足部分を補うべく、半導体検証分析分野で長年の経験を積んできた宜特科技は、近々、正式に「MOSFETウェハーバックエンド製造プロセス統合サービス」を開始いたします。特に、ウェハー薄化-背面グラインディング/背面金属化 (略称BGBM、Backside Grinding/ Backside Metallization)プロセスにおいては、今月より既にクライアント数社での量産が開始されています。継続的な歩留改善を進めることにより、現在、直近2ヶ月の歩留まりは99.5%を超えています。

また、クライアントにワンストップサービスの一環としてBGBM製造プロセスを提供すべく、フロントエンドの正面金属化プロセス(以下FSM)において、スパッタリング堆積(Sputtering Deposition)サービスの他、今月より更に化学メッキ/無電解メッキ (Chemical / Electro-less Plating)サービスを展開いたします。現在、既に装置設置後のテストを完了し、一部クライアントを対象とした少量の生産テストを進めています。

宜特は、FSMにおいてSputtering Depositionサービスおよび化学メッキ/無電解メッキサービスを同時に提供できる、現市場における数少ない企業であり、更にBGBMの完全なサービスを提供する事が出来ます。

Sputtering Depositionは、自動車エレクトロニクスおよび工業エレクトロニクスなど、高品質を求めるハイエンド顧客が広く使用するFSM製造プロセスであり、品質において非常に安定した性能を有しています。現時点において既に宜特は多くの国内外の大手メーカーのテストに合格し、安定した量産を行っています。

また一方、多くの自動車エレクトロニクスおよび工業エレクトロニクスの顧客がスパッタリング堆積(Sputtering)技術によってFSMを行っていますが、自動車エレクトロニクスや工業エレクトロニクス以外にも、ハイエンドPC、サーバー、民生用などの分野において、コストパフォーマンスの高い化学メッキ/無電解メッキでのFSM製造プロセスが希望されています。

宜特の表面処理工程事業所R&Dセンター 劉国儒ダイレクターによると、「現時点における顧客のSputtering Depositionおよび化学メッキ/無電解メッキへの市場ニーズは互角といったところである。コストパフォーマンスで勝る化学メッキ/無電解メッキへのニーズが多少上回るものの、現在国内でウェハーへの化学メッキ/無電解メッキを提供できる会社は非常に稀である」とのことです。

更に彼は続けます。「宜特の化学メッキ/無電解メッキサービスは既に8月より稼働しており、幾つかの顧客は試験生産に入っている。技術面においては、フロントエンド・ファンドリにおいて使用される各種金属パッド (Al Pad)への対応が可能である。宜特では、純アルミ(Al)、アルミ銅(AlCu)、アルミ・シリコン銅(AlSiCu)のいずれの場合であっても、顧客に合わせた前処理を実行した後、要求に合わせて、ニッケル(Ni)、パラジウム(Pd)、金(Au)を成長させることが可能である。各装置上には、オンラインモニタリングシステムを設置することにより、リアルタイムで最重要項目であるニッケル濃度およびPH値を監視し、自動的にメッキ液を補充、更には、インテリジェントなモニタリングおよびコントロールにより製造プロセスの安定性を維持する。」

今月から開始される宜特における化学メッキ/無電解メッキサービスの実施後、現在の市場における化学メッキ/無電解メッキサービス供給量不足の状況は緩和されると予測されます。

さらに宜特によれば、化学メッキ/無電解メッキラインに加え、現行のSputtering Depositionライン、BGBM生産ライン、並びに子会社の創量(旧社名は標準)におけるDPS(Die Processing Service)とバックエンドテストラインにより、ウェハーへのワンストップサービスとして、すべての工程を宜特台湾竹科第2工場で可能とします。これらとともに、チップをテープ&リール形式で顧客に提供することにより、運搬過程における損傷のリスクを大幅に低減させることが出来ます。中国の有名な詩である木蘭詩にも詠われています。 「東市買駿馬 西市買鞍韉 南市買轡頭 北市買長鞭」顧客はこのような苦労をすることなく、複数の生産拠点管理の負担から解放されます。

連絡窓口:

+886-3-579-9909内線5001劉氏(Tony)

Email: web_sp@istgroup.com / marketing_tw@istgroup.com までお問い合わせください。

Website: https://www.istgroup.com/jp/production/mosfet-wafer-backend-process/

 

宜特は子会社の創量科技(旧名:標準科技)と協力して、ウェハー製造プロセスを後工程CP、WLCSPおよびDPSまでワンストップソリューションを提供いたします(図のグリーンバックグリーンの文字を参照)。