首頁 モノのインターネット基準への個別対応およびカスタマイズ検証の必要

モノのインターネット基準への個別対応およびカスタマイズ検証の必要

首頁 モノのインターネット基準への個別対応およびカスタマイズ検証の必要

モノのインターネット基準への個別対応およびカスタマイズ検証の必要

by admin

モノのインターネットの発展は、大まかに応用面、伝送面、感知面に分けることができます。これにAppとビッグデータの統合的応用を加え、現在利用可能なすべてのリソースと技術の統合物となっています。産業面から見ると、単一技術だけではカバーしきれなくなっています。モノのインターネット技術の発展に伴い、大きく分けて二種類のテストが行われています。

無線装置のRF性能に焦点を当てたもの

LTE、WiFi、 Bluetooth、Zigbee、LoRaのいずれを使用する場合でも、安定して信頼できるRF性能に欠けると、各種の技術を駆使するモノのインターネット市場で優越性を保つことができません。

モノのインターネットの応用に焦点を当てたもの

種々の方法と型態で消費者の使用状況に当てはまって、シミュレーションテストとカスタマイズ機能テストが必要となります。

種々の方法と型態で消費者の使用状況に当てはまって、シミュレーションテストとカスタマイズ機能テストが必要となります。

OTA (Over-The-Air RF Performance)

すべてが繋がり合うモノのインターネットにおいて、携帯電話やタブレットなどのインテリジェント携帯装置が各種の応用の中心的存在となります。便利な無線通信はその鍵となるため、通信速度と品質が非常に重要となります。端末装置メーカーは、モノのインターネットを次世代の決戦場とみなし、積極的に製品の開発を行うとともに、製品のOTA(Over the Air)性能を重視するようになっています。これには数々なテストと認証がさらに重要となります。

  • SISOデバッグ、テスト認証
  • MIMOデバッグ、テスト認証

SISOにてOTAによる主要な測定には、総合放射電力(Total Radiated Power, TRP)、全球面放射受信感度(Total Isotropic Sensitivity, TIS)、中間チャネル感度(Intermediate Channel Sensitivity, ICS)の測定があります。

iSTはCTIA(米国無線産業協会)認可のラボで、TAF ISO17025品質管理体系認証を有し、授権と認可を受けたCATLラボです。OTA(Over the air)無線通信テストについて(2G、3G、4G、Wi-Fi、Bluetooth、Zigbee、AGPS、アンテナ効率テスト、ECCデバッグなどを含め)iSTは標準的かつ正確なテスト サービスを提供しています。

OTAは、単一アンテナのSISOテストのほか、マルチアンテナ応用が無線通信の主流となりつつあります。データのスループット(Data Throughput)の向上の要求を受け、インテリジェント携帯通信装置のMIMO設計と応用ニーズが高まっています。MIMO TM3テストの項目はデータのスループット(Data Throughput)テストです。

CTIAが発表したMIMO v1.0は、MIMO SIRをデータスループット(Data Throughput)とし、効率の判別を行っていますが、PowerもMIMO Throughputに影響を与える重要な要素となっており、SIRでは時としてすべての現象に直接反応できなくなっています。

iSTはCTIAが授権に認可したMIMO OTAラボ(CATL, CTIA Authorized Test Labs)です。MIMO SIRの標準測定環境を備えているだけでなく、Throughput 効率の更なる分析をも行います。またMIMO Power環境の構築により、リアルアプリケーションを理解できるようサポートします。

モノのインターネットのカスタマイズテスト

iSTではOctoscopeテストシステムを導入し、モノのインターネット環境および機能に対するカスタマイズしたテストを実施しています。主要テスト項目:MIMO Throughput、Roaming performance、Co-existence / interferenceとMulti-Room Test。

WiFi Throughputテスト

IOTの全体的応用を実現するには、多種の伝送を同時に起動させた状態を構築することが必要となります。例えば、NFCの感知後、WiFiでクラウドに伝送すると同時にLTEが通話中、さらにUSB portがデータ伝送を行っている状態という全起動状況での効率を評価することは、Wifiだけを起動する状況と全く違います。

iSTは、WiFi伝送層の測定において、シミュレーションによる実際応用および消費者の行為のカスタマイズ環境をプランすることができます。以下はiSTが提供するThroughput測定項目です:

  • THROUGHPUT VS. RANGE VS. ORIENTATION:

    プログラム減衰器で距離のシミュレーションを行い、測定システムを活用することで、減衰値(距離)とサンプル角度のThroughputに対する対応データを得ることができます。

  • THROUGHPUT VS. INTERFERENCE:

    上記のテストには他の無線信号(WiFi, BT, Microwave)を使用して干渉テストを行うことができます。

  • ROAMING TEST ローミングテスト:

    モバイル装置移動時のAP信号強度の変化をシミュレートすることでローミング(Roaming)の所要時間を計測します。こうしてモバイル装置のスポット間におけるローミング性能を確認することができます。

  • MULTI-ROOM シミュレーションテスト:

    複数のアイソレーションボックスおよびRF減衰器の組合せに、MIMO Multipath Emulator を加え実際の住宅環境のシミュレーションを行い、それを実際に住宅內でのテストと比較することにより、テスト結果の統一性と再現可能性を高めます。