首頁 自動運転/ADASに対して車の技術革新、急激に注目を集める車載半導体

自動運転/ADASに対して車の技術革新、急激に注目を集める車載半導体

首頁 自動運転/ADASに対して車の技術革新、急激に注目を集める車載半導体

自動運転/ADASに対して車の技術革新、急激に注目を集める車載半導体

by admin
車載ICの検証規格とその流れ

自動車セキュリティに最も重要なAIチップ

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、自動運転を走行中の運転者と機器の参与比率によりレベル分けをしました。最大級のレベル4はいかなる道路及び交通情況下でも自動運転ができる機能に対するものです。

完全自動運転には大量のセンサーが必要です。運転者の目となり、車のIOTで運転者の見えない遠方から交通情報を提供して、自動運転用の地図により、車の位置情報を把握しながら目的まで走行するものです。それが運転者の脳を模倣した高演算能力持つAIチップで、すべての情報がこの脳で処理され、安全性を確保します。

チップの実行性におけるキーポイントは検証と品質管理

自動運転技術が普及になるとともに交通渋滞を緩和されることを想定し、最も重要な課題は安全性向上の取組みを具体化することです。どのように感知チップや部品が正常に作動していることを確保できるでしょうか? 自動運転に対して自動車業界には厳格な認定制度を構築し、回路の信頼性を測定するため、各種の試験を行っています。それを基準として世界での自動車メーカーはサプライチェーンにが品質管理体系システムをの導入を要求し、車載電子部品の規格と出荷品の安定度が一致するように求めています(右図参照)。

車載用電子部品の信頼性試験はiSTにお任せください

iSTはIC部品のAEC-Q100/Q101/Q200信頼性試験と故障解析サービスを提供するほか、車載半導体サプライチェーンへの参入を望む会社のために、ISO9001/IATF 16949/IECQ AQP品質管理システムの導入コンサルティングを提供しています。こうして自動車環境保護規格の認証取得のお手伝いをしています。

iSTは世界最大の車両安全認証機関及び検査協会のDEKRAと戦略提携を結び、合併会社のDEKRA-iSTを設立しました。世界で最も充実した車載半導体産業における、完成車、モジュール、部品に対して全般に渡って認証/検証/解析ワンストップサービスを提供しています。

各自動車メーカー、Tier1、部品などへの規格対応試験、確かな技術と知識の提供客様の車載用電子製品の品質を確保します

Tier1自動車メーカー Delphi、Continental Automotiveが指定された車載電子ラボ

iSTは中国初の衛星ナビをカーナビに転用使用とする時にICの認証試験を行った機関でした。

中国初の自動車付属品標準規格とサプライチェーン品質管理はiSTが行いました。

自動車メーカー、Tier 1、部品企業のOEM/DOP/AM車載用半導体産業における各種の信頼性、安全性、環境保護規格の要求を熟知しているため、専門技術と転用技術の知識に基づき専門的な提案と高品質のサービスを提供しています。貴社の車載用電子市場への参入をお手伝いします。